ヤマナシ・ヘムスロイドとは?その歩み・想い・試み:教室と活動紹介

2024年7月16日~30日 11時~18時

山梨幹子が1967年初めての欧州遊学の旅で、北欧の暮らしの質の高さと生活様式の豊かさを体感して以来、日常の暮らしの中に息づく美しい文化は、ほとんど手作りのものに支えられていることを信念に活動してきました。1971年から半世紀、生活美術の創造と文化交流を目指して、展覧会の企画、学校や教室を通して技法の伝承、50冊を超える出版活動、良質な材料と手工芸品の提供に努めてきました。

生活のなかで生き続けてきた織物、刺繍、編物。先人が作り、暮らしの中で活用された無数の美しい技法や作品を継承し、次世代に残していくのが、目下、行動すべき私達の役目と思い、またSDGsに適うことだと考え、趣味としてだけでなく、社会的実践として活動しています。

今回は、ヤマナシ・ヘムスロイドの暮らしの思想の一端と、暮らしを彩る手作りの品々を展示します。 🌻 刺繍ワークショップ  7月27日(土)13時~15時 7月30日(火)13時~15時 参加費 2,200円(税込) 🌻 土曜日の14時~16時 「手作りヒント指南」無料

AIが人間に代わる時代を生きている私たちにとって、手工芸や手仕事を通して実感できる”触感のあるリアル”は、ますます必要なものと考えています。そして、それを心地よく、美しく、個性的に取り入れた暮らしは、きっと幸福の鍵になることでしょう。